人気ブログランキング |

坂内美和子展ー 水を辿る vol.II ーinstallation のお知らせ

MIWAです001.gif

私、坂内美和子展のお知らせをいたします。
木板に彫りと塗りを加えた彫り絵。キャンバスを支持体とする平面から「絵画」を解放するこの表現に挑み続けています。
どうぞご高覧くださいますようよろしくお願い申し上げます。

6 月30 日(月)〜7 月5 日(土)
11:30〜19:00(土曜日17:30まで)
オープニングパーティ初日17:00〜

ギャラリー現
東京都中央区銀座1-10-19銀座一ビル3F
TEL/FAX 03-3561-6869
http://g-gen.main.jp/


ー 水を辿る vol.II ー
私は、現世とあの世を分ける境目にいた。
この境目、三途の川の由来は、仏教でいう人が死後に赴く3 つの世界、地獄・餓鬼・畜生の三途(三悪道)にちなむのだそうだ。
もちろん、伝説上のそれではない。場所は長生郡長南町。千葉県にある三途川だ。
一宮川へ合流する三途川の終着点。そこの水の色はなんともどんよりとしている。底を見通せぬ闇にも見え、様々な毒素が混じり合う混沌を見せている。そこになにか、この世の縮図を見た。
川を遡ると、民家や小さな古い団地、ホームセンター、お社に沼、色とりどりの花々、などに出会えた。緑豊かだが、ときに世相を反映してか荒廃も見られ、いろいろ考えさせられた。天上を覆うような見事な竹林は、川岸を別世界のように囲い、見事だった。
正方形は窓になる。それを数でつないでいくと、定点観測になる。今回はこの形を鍵にして、世界の様子を写し出そうと思った。
川は流れるがゆえに時間の流れを表す。今回も薄い板の廃材を使用する。時の経過を経たこの素材そのものが川となる。
川は幾つもの土地をつなぐ。古代ギリシアではアケローン川という三途の川とよく似た伝承があったという。廃材は幾つもの場所をつなぐメディアでもある。
私にとって彫刻刀で彫ることは祈りでもあった。いまの社会には深刻な問題が山積している。
私の今回の作品は、それを幾重にも写すとともに、その答えを祈りとともに刻みこみ、表出できればと考えている。
再び、私は水を辿る。

[作家プロフィール]
2014遊・桜ヶ丘 現在進行形 野外展 2014(東京・多摩)秋に参加予定
2013 feel 清里現代彫刻展(山梨・北杜)、GALLERY KINGYO にて個展(東京・千駄木)、ギャラリー湯山にて今日のオブジェ展に参加(新潟)、
遊・桜ヶ丘 現在進行形 野外展 2013(東京・多摩)
2012 ギャラリー現にて個展(東京・銀座)
2011 中之条ビエンナーレ2011(群馬)、創造と森の声2011(神奈川・横浜)
2010 第13 回我孫子国際野外美術展(千葉)、千葉ウエストビレッジ文化祭企画・梁塵秘聖展(千葉)
2009 ギャラリー現にて個展(東京・銀座)、千葉ウエストビレッジ文化祭企画・現代美術3 人展(千葉)
2008 ギャラリー21+葉にて個展(東京・銀座)
2007 喫茶谷中ボッサにて個展(東京・谷中)
2005 藍画廊にて個展(東京・京橋)、Chiba Art Flash '05(千葉)
ほか


坂内美和子展ー 水を辿る vol.II ーinstallation のお知らせ_c0131063_1952550.jpg

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by art-pm | 2014-07-05 17:30 | Comments(0)

美術家・坂内美和子のブログです。日々感じたこと、見たことや、アート制作、展覧会の案内、絵画教室アトリエMIWAのことなど


by art-pm
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31